フォト

↓秀静ホームページ

無料ブログはココログ

« 新入社員研修2013 | トップページ | 西洋菩提樹 »

2013年10月29日 (火)

実体は?(鬼の首をとったのか?)

メニュー表記を偽っていた(間違っていた)とかなんとかで名門ホテルの社長が謝罪会見しています。
不適切な融資の可能性を見過ごしたとかなんとかで大手銀行の頭取がアタマを下げています。
息子(成人)が逮捕されたとかなんとかで有名司会者がバカヤロー会見にて番組降板を宣言しています。

なんだかみんな謝っています。

その過ちや罪や責任をここで放免するつもりはワタクシにはありませんし、逆に断罪するつもりもありませんが。要するにその点においてここでとやかく言うつもりはありません。

ただ思うのです。

この人たちはいったいどこに向かって謝っているのだろうかと。

レッドキャビアと称されたトビコを食べた人はいったいどれほどに怒っているのだろうか?
暴力団へのずさんな融資に預金者はいったいどれほどに怒りを感じているのだろうか?
ましてや当該の窃盗事件の被害者はともかくとして、その盗っ人の親である司会者が番組出演を続けることに対していったいどれほどの人間が「アイツは絶対許せない!」と思っているのだろうか?
その過ちや罪や責任の代償として、引責辞任や番組降板という処分が重いか軽いかはワタクシには分かりません。しかし、エビの銘柄や搾りたてジュースの定義を事細かに説明する一流ホテル社長の会見姿を見て、ワタクシはなんだか不思議な気分になるのです。

いったい誰得?そんな言葉がアタマをよぎります。

これらの会見における謝罪の対象はもはや被害を被った人たちではないですよね?対象は明らかに「世間様(か目の前の記者たち)」です。そう、「お騒がせして申し訳ありません」というやつです。いつのまにか社会問題になってしまっています。もちろん、事の発端は大きな社会的責任を持つ大企業やメガバンクのしでかしたことです。話が社会問題に発展するのは当然かもしれません。だけどその「世間様」ってそもそもいったい何なの?とワタクシは思うのです。

念を押しますがワタクシは大きな力を持つ者(組織)がその自己利益を優先するあまりカスタマー(弱者)を軽視したり、その傲慢や怠惰によって引き起こす不祥事に対して非常に強い反発を持っています。さらに事後に繰り返されるごまかしや保身の姿勢には並々ならぬ怒りを感じる類の人間です。
ただそうであったとしても、この訳のわからない謝罪のオンパレードには違和感を覚えるのです。

みんな本当によくあちこちで謝っています。テレビでも学校でも会社でも電車でもスーパーでも・・・。間違ってすいません、忘れてすいません、遅れてすいません、混雑してすいません、お待たせしてすいません、しまいには「雨降ってすいません」とか言い出しそうな勢いです。
謝りっぱなしです。いや、みんな本当はきっと怯えているのです、謝らなくて済むように。
そして不思議なことに、いつのまにかその謝る(怯える)対象は迷惑を掛けてしまった当の相手様ではなく、得体の知れない「世間様」になっています。

当事者でもないのにそこまでプレッシャーを掛けてくる「世間様」っていったい何なのでしょうね。

我がコンビニ業界には一つの脅迫観念があります。
「品切れ(は悪)」というやつです。確かにお客様の期待を最も裏切る行為だと言えるでしょう。できる限り起こらないことが望ましいとそれはワタクシも思います。適時適量こそプロの仕事だとも思います。しかしそれがいつのまにか脅迫観念に変わり仕事を委縮させては本末転倒というやつです。人間のやること、いつもパーフェクトというわけにはいかないのも事実です。

完璧であるべきだなんていう強迫観念に囚われながら実体のない「世間様」に怯え続けるよりも、「今日はたくさん売れて無くなっちゃいました」と自然に会話ができるよう「お客様」の顔に向かってする仕事を心掛けたいものです。

@管理人

« 新入社員研修2013 | トップページ | 西洋菩提樹 »

社会・一般」カテゴリの記事