フォト

↓秀静ホームページ

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月 7日 (月)

ほどほど

明けまして(まくって)おめでとうございます。24時間365日営業の我々の業界では年末年始といってもさほどメリハリを感じるわけではありませんが、それでもクリスマスあたりから店内の飾りつけが派手に施されたり、なんとなくお客様の師走の忙しさや正月のめでたい空気を肌感覚で味わっていると、あぁ新しい年を迎える(迎えた)んだなぁとそれなりには実感できるものです。かくいうワタクシもクリスマスにはケーキを食べ、年末には事務所の大掃除をしましたし、年始にはおせちもいただきました。

思えばワタクシも、毎年巡ってくるこういう一つひとつの行事にしっとりとした幸福感を感じられるようになりました。やや行き過ぎたへそまがりであまのじゃくだったかつての自分に比べると、ワタクシも大人になったものです(笑)

これからも、よりしっとりとおだやかに生きていきたいものです。

が、現実にはそうも言ってられないようですね。どうやら世の中で最優先に求められているのは「軽快で」「スピーディな」振舞いのようです。

なんとクリスマス、大晦日、お正月・・・と過ごしたばかりの我々に、早くも迫るのは「みたらし団子の日」「バナナの日」「イチゴの日」「シュークリームの日」「メロンパンの日」「マグロの日」などなど・・・枚挙に暇がありません。

みたらし団子は3と4と5のゴロ合わせ、バナナは8と7かな、イチゴはもちろん1と5、シューは1と9、メロンパンは、メロンパンは・・・うーん難しい、マグロにいたってはもはや何のこっちゃ分かりません(笑)

果たしてこれでイイのでしょうか?一つひとつの行事にしっとりとした幸せを感じるとは言いましたが、これはいくらなんでもせわしない。そして、ここまで暦を安売りするその向こうに透けて見えてしまうのが、今この瞬間に手に入れられるはずのものを決して逃してはならない(それがたとえどんなに微細なものであっても)という「損得勘定」のみなのがワタクシには非常に寂しく思えるのです。(まるでア○ノミクスのスローガンのよう)

これをして、良い意味で目の前のチャンスを見逃さない貪欲さや狡猾さと表現できなくもないですし、商売をする上では欠かせない「センス」であるとも思います。しかしワタクシには「軽快でスピーディ」というより「軽薄でその場しのぎ」というふうに見えてしまうのです。

考えすぎでしょうか(笑)

本年もよろしくお願いいたしますm(__)m

@管理人

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »