フォト

↓秀静ホームページ

無料ブログはココログ

« π | トップページ | 15号店『久御山市田店』オープン! »

2012年10月19日 (金)

見えるものと見えないもの

ワタクシはラジオが大好きで、テレビを観る時間よりもラジオを聴く時間の方が圧倒的に長いという、この21世紀においてはいささか希少な部類に属する人間です。先日、過去のお気に入りのラジオ番組を録音したものを大量に入手し、近頃はデスクワークや車中などでずっと聴いている有様です。(iPhoneて素晴らしい!)

ワタクシが何故テレビよりもラジオを偏愛するのか、ハッキリした理由は自分でもよく分からないのですが、思い当るところがないわけではありません。その録音を手に入れた過去のラジオ番組というのは、ワタクシが学生時代から聴き続けていたある意味ワタクシにとっての「青春の」ラジオプログラムなのですが、それをいま聴き返していると所々で当時の自分の置かれていた状況や考えていたことなどが鮮明に蘇ることがあるのです。

「ああ、このころの自分はこんなことを考えていたなぁ」とか「ああ、この当時はクラブ活動に一生懸命だったなぁ」とか、ときには自分が机に向かって宿題しながら聴いていた情景までもが思い浮かぶことさえあります。

同じように過去のテレビ番組を観たとしても、当時の思いや情景がここまで鮮明に蘇ることはまずありません。映画や本も同様です。ワタクシは映画鑑賞も読書も大好きで、気に入った作品を繰り返して観たり読んだりすることもあるのですが、そのときに得る感動は純粋に作品に対するものでありさえすれど、そのバックグラウンドにまで及ぶものではありません。

専門家でも学者でもないワタクシには難しいことは不明ですが、おそらくテレビや映画や本は、文字や画(え)として体験した時点で心へ刻まれるインパクトが薄まっているのではないでしょうか。その点、「音」だけのラジオは想像力をかきたてるのかもしれません。さらに顕著なのは音楽です。昔よく聴いた懐メロを思いがけず耳にしたときの、あの何とも言えないノスタルジックな感覚はテレビや映画はおろかラジオの比ではありません。そういう意味で、ワタクシにとって本当に良い映画や本や音楽というのは、作品それ自体の完成度に留まらず、その奥に潜む何かをいつまでたっても思い起こさせてくれるものだと言えます。

我々はどうしても目に見える情報から物事を判断しがちです。視覚から得る情報量は圧倒的に多いわけですから、当然のことだと思います。人を判断する時もいわゆる見た目の印象が大きく影響するものですし、物を買う時にも色や形や新鮮さは選択の大きな要素です。だからこそ人は身なりを整えたり、コマーシャリズムはいかに目に触れる機会を増やすかを必死に考えるわけです。それはごく自然なことだし、決して悪いことだとは思いません。

しかし、そればっかりじゃつまんないな、という気がするのです。本当に心に残るものとは何なのか?その場の消耗品みたいなものばかりではなく、いつまでも愛されるものとは何なのか?たまにはそんなことを考えるのも悪くはないような気がするのです。それは華やかに目を引く姿かたちではなく、「音」であったり「ニオイ」であったりと、意外と地味なところにあるのかもしれません。

少なくともワタクシは目に見えるものを信じずハートで世の中を渡っていきます。

@管理人

« π | トップページ | 15号店『久御山市田店』オープン! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事