フォト

↓秀静ホームページ

無料ブログはココログ

« あいまいみい | トップページ | マチっくりん(2012/06/24) »

2012年5月29日 (火)

あいまいみい2

前回、会議を例に挙げ「ファジー」なスタンスというのも、ときにはアリではないかと書いてみました。「会議を円滑に運び有意義なものにするためには」という視点での話でしたが、ここで一つの重要な問いが浮かび上がります。本日はそのことに触れてみたいと思います。

鋭い方は既にお察しかもしれませんが、それは「では、会議がスムースに進行すればそれでよいのか?」という根源的な問題です。皆が波風たてずそこそこの妥協感をもって最大公約数的な統一見解を導きだし、会そのものが円満に丸く収まれば、それで会議の目的は果たされたと言えるのかということです。

当然ながら、それは間違ったあり方であるとワタクシは思います。これではまるで会議のために会議を行っているようなもので、決して建設的であるとは言えません。どんな工程を経ようが、最終的に導き出される結論(方向性)が社にとって有益でなければならないという大原則は絶対に無視することはできないのです。

例えば、会社がある目的地を目指すとします。北に進路をとるべきだと主張する社員もいれば、西に進路をとるべきだと考える社員もいます。前回の話では、このような場合に各々が自己主張するばかりではなくファジーな感覚をもって、あるいは「おとしどころ」を意識して「それなり」の結論を見出すべきだと申し上げました。北に行きたいという気持ちも分かるし、西に向かいたいという気持ちもよく理解できる。しかし総合的に判断して、ここは一旦「北西に進路をとろうではないか」ということです。あいだをとるというやつですね。

このように「北西に進路をとる」という結論が出た場合はよいのです。多少の遠回りにはなるかもしれませんが、ある程度コンセンサスのとれた方法で目的地を目指して進むわけですから。ところが、北に向かう、西に向かうという考え以外に、南へ東へ、あるいは北東、南西、南南西・・・という主張が噴出した場合はどうでしょうか。これはかなり難儀な事態です。

ある想定以上に主張が噴出すると、たいていの場合会議は一つのスパイラルに陥ります。議論にまとまりがなくなり収拾がつかなくなっている間に、本論とは全く関係のない話で時間を浪費してしまっているというアレです。こうなるとファジーな方向性すら導きだすことが不可能になってしまいます。そしてそれは結果的に最もたどり着いてはいけない「おとしどころ」に帰結してしまいます。

つまりそれは、丸く収めたいがあまり「進路をとらない」という結論に達してしまうということです。「結論の先送り」と言い換えてもいいかもしれません。この「動かない」という判断は果たして会社にとって有益な決定と言えるでしょうか?言えるわけがありません。

どの進路を選択するのであれ進まないことには目的地にたどり着くことはありえない以上、どこかへ進むという結論は必要不可欠なわけです。(広義の意味で留まって組織力を蓄えるという場合は別にして)

ではこのように収拾がつかなくなったような場合にどう振舞うことが望ましいのでしょうか?

ワタクシはここでも「ファジー」な感覚(スタンス)というものがとても大切だと思うのです。「完璧な答えを求めないほうがうまく行くんじゃない」というスタンスです。会社には幹部といわれる課長、部長、社長がいます。メディアにはニュースキャスターや評論家、学者、芸術家が登場し、国家には政治家や官僚が存在します。みんな、分かったようなことをしゃべり、分かったようなフリをしていますが本当にそうなのでしょうか?ワタクシが思うに、結局誰も何も分かっていないように見えます。これだけの人間が毎日毎日考えても、原発一つの是非、死刑の是非、脳死の認識、女ごころの神秘すら結論づけられないのですから。

自分の考えも含めて完璧な正解なんてないんだというある種の謙虚さをもって、それでもある程度「正解に近いであろう」進むべき方向性を導きだすことが必要であるという認識こそが、会議を本当の意味で有意義で有益なものにする秘訣だとワタクシは思うのです。各々がこのような姿勢で会議に臨み、導きだされた結論がたとえ自分にジャストフィットしなくても、あるいは100%納得できるものではなくても、その一歩を踏み出すことが結果的に会社に有益であることを信じるべきではないかとワタクシは思うのです。

同時に、このようなスタンスは一種のリスクヘッジにもなるとワタクシは思います。完璧な正解の道しか歩めないような頑固者の場合、いざ進んできた道が正解ではないと判明すると(完璧な正解など存在しないわけですから)、身動きが取れなくなります。自分の考えを貫き通すことに全精力を傾けて、完全に納得したことにしか行動を起こせない人がときどきいますが、そんな人はたいていの場面で行き詰って立ち往生しています。

完璧な正解ではなく、正解に「近いであろう」道を進んでいれば、「ん?何か違うぞ」となった場合に簡単に方向転換することができます。近頃「ブレない」という言葉がもてはやされていますが、ワタクシはこの言葉が大嫌いで胡散臭さすら感じます。完璧な正解がないなかで、正解に「近いであろう」道を進んでいる限り、「ブレ」なくてはいけないのです。とてもシンプルな話だと思います。

「ある程度あいまいでブレること」、これが会社に、ひいては自分たちに利益をもたらすのだとワタクシは信じています。(今のところ・・・)

@管理人

« あいまいみい | トップページ | マチっくりん(2012/06/24) »

仕事・会社・店舗」カテゴリの記事