フォト

↓秀静ホームページ

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月24日 (金)

通らない・・・

ワタクシのことを書いてみたいと思います。たまにはこういうのも良いでしょう。

ワタクシ、苦手なんです。何がかと申しますと、「熱い」のが。情熱とか魂とか志とか不屈とか、そういう類のやつです。いや、立場上、勘違いされると困るので正確に申しますと、そのこと自体が苦手なのではなく、それらを前面に押し出す姿勢が苦手なのです。もっと厳密に言いますと、ワタクシ自身が本当は情熱や熱い思いが何より大切だと思っているからこそ、チープにそれらを口にすることに違和感を感じるのです。強い思いや信念というものは心にじっと仕舞いこんでこそ格好いい、そう信じています。(昭和の高倉健か!)

そこでですが、そんな性格のワタクシを象徴しているのでしょうか、実はワタクシの声って本当に通らないんです。ボリュームの問題もあるのでしょうが、主な原因はその性格に裏付けされたかのような声質の問題でしょう。何をどうやっても通らない。食べ物屋などへ行くと大変です。店員さんへのオーダーがなかなか成立しないんです。「すいませーん、すいませーん」て何回も叫んでるとアホみたいですし、周りの目もあるので恥ずかしいですしね。複数で食事するときなどは(幸いコンビニの現場で働いている社員たちには声の通るのが多い)、必ず誰かに代わりにしゃべっていただきます。

そんなワタクシですが、いつもいつも他人に頼っているわけにはいきません。独りで立ち向かわなければならないときもあるのです。

プリンターが壊れました。

メーカーへ問い合わせたんです。経験されたことありませんか?電気製品メーカーのサポートセンターやチケット販売会社の電話受付で、プッシュホンのボタン入力(ピポパ)の代わりに、声で入力するやつあるでしょ。

今回もそのパターンでした。無機質なコンピュータの合成音が導いてくれるわけですよ。ここでは仮にその声の主をカノンさんと呼ぶことにしましょうか。

無機質なカノンさん・・・
冷静なカノンさん・・・
プリンタに詳しいカノンさん・・・

さんざんプッシュボタンで選別させといて、最後に例の音声入力しろっちゅうやないですか、。「機種名と機種番号をおっしゃってください」ですって・・・・・・

カノンさん、殺生やわ。合成音に向かってしゃべるのって、結構マヌケですよねぇ。

あまりのことに躊躇してると、「機種名と機種番号をおっしゃってください」て繰り返しよるんですよ。にっくきカノンさん。

仕方ない。ワタクシ、腹を決めましたよ。そこまで「機種名をおっしゃい」と言うのなら、言ってやろうではありませんか。

「ピ、ピクサス・・・」
言いましたがな、決死の覚悟で。

そしたらね、冷静沈着なカノンさんが・・・

「聞き取れませんでした。もう一度ハッキリとおっしゃってください」て・・・



なめとんのか・・・

@管理人

2012年2月16日 (木)

封筒と名刺

Huto
秀静の封筒と名刺を新調しました。今回のHP開設時に生まれた会社ロゴを使用し、統一したデザインで作成しました。スッキリしたイメージで爽やかに仕上がったのではないでしょうか。

最近は、こういう封筒や名刺もネットで簡単に低価格で作成できます。本当に便利になったものです。やはり外部の方と接するときなどには、オリジナルの封筒を利用したほうが見栄えも良いです。名刺についても、いくらパソコンで自作できるとはいえ、業者で作成されたもののほうが質感が高いのも確かです。

格好ばかりではダメですが、こういった瞬間に会社がステップアップしているのだなぁと実感したりします。

@管理人

2012年2月 7日 (火)

マチっくりん(2012/02/01)

「マチっくりん」を紹介します。

マチっくりんとは秀静社員・クルーさんの有志で行われているマチの清掃活動です。ボランティアであるこの企画ですが、なんだかんだと皆さんに集まっていただき今回で9回目を迎えることができました。これまでのところはすべての回で京都三条大橋店を拠点に鴨川河川敷の清掃を行ってきました。

一見綺麗に見える鴨川も歩いてみると、吸殻や包装などが結構捨てられているもので、小一時間の行程を終えるころには2,3つの大きなゴミ袋がパンパンになってしまうほどです。夏場にはデッキブラシを持って入水し川底を磨いたりと、相当アクティブに攻撃的に活動しております。

また、地元の団体で定期的に河原町一帯の清掃活動をされている「鴨川を美しくする会(こちらはもっともっと規模が大きく歴史のある組織です)」の方々とも連携させていただき、そちらのイベントにも参加させていただくこともあります。

まだまだ小さな小さな細々とした活動ですが、それでも続けていくことが大切だと思っています。今回のような極寒の日もあれば、京都の厳しい夏の日もあるでしょうが、まずは100回開催を目指して永く続けていきたいと思います。

ちなみにこれまでなぜか一度も雨に当たったことがありません。直前まで暴風雨でも開催時間にはカンカン照りとか・・・間違いなく秀静には晴れ男がいるはずです。

@管理人
Mc2012021_004web

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »