フォト

↓秀静ホームページ

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

マチカフェOPEN@西京

Mc00_2 ローソンの新展開である「MACHI cafe(マチカフェ)」が、西京極北庄境町店にて本日オープンしたしました!秀静としては京都駅東塩小路店に続き2店舗目となります。



店内に設けられたマチカフェゾーンでは、挽きたて淹れたてのコーヒーMc01_3 ・カフェオレが販売されております。ゆっくり座ってくつろいでいただけるスペースもあり、コンビニの店内に「ス○バ」がやって来たイメージでしょうか。 豆や製法にこだわったとても美味しいコーヒーで、価格も180円(ポイントカード提示で150円!)からと自信を持ってオススメできます!

今後、紅茶やココアなどの新商品も取り扱い予定です。どうぞ、ローソンのマチカフェでコーヒーを片手にホッと一息のリラックスタイムをお過ごしくださいませ。

@管理人

マチカフェ紹介はココをクリック

 Mc05 ↑西京の看板娘(?)

2012年1月24日 (火)

身だしなみ

秀静ではクールビズ期間以外はネクタイの着用が義務づけられています。店舗内においても社員だけではなくクルーさんまでネクタイの着用をお願いしています。

「服装の乱れは心の乱れ」と申しまして、やはり勤務をする上でネクタイをすることは気を引き締めるある程度の効果があるのではないかと思っております。

一課長のネクタイがいつも裏返しになっているのは気がかりですが、それについては本日のところは置いときます。実はネクタイを着用するにあたって気に掛けなければならない重要なポイントがあります。それはネクタイそのもののことではなく、そのパートナーである「シャツ」のことについてです。

デザイン的なコーディネートという点ももちろん大切で悩ましいポイントではあるのですが、それよりも厄介なのは、シャツのメンテです。ネクタイはそうそう洗うものではありませんが、シャツはやはり汚れやすいため洗う頻度が上がります。ハッキリいって面倒くさいです。洗えば当然アイロンを掛けなければなりません。もっと面倒くさいです。

洗ってアイロン掛けしてくれる優しいお人が近くにいれば幸運なのですが、「掃除洗濯は○性がやる仕事」なんて時代でもなくなりましたし、ワタクシなどは自分のものは自分でやっております。大変な時代です。

そんな中、滋賀営業部の部長とシャツについて話すことがありました。ワタクシが「シャツのアイロン面倒でしょ?」と尋ねると、滋賀部長は「アイロン?掛けへんで。形状記憶のやつやし(キッパリ)」。

「なるほど。それでも段々とクタクタになってくるでしょ?」と質問を重ねたところ、「うん、だから2、3回洗ったら捨てる(キッパリ×2)

なんということでしょう!?こんなブルジョアありですか!?そら、今や形状記憶であろうともシャツなんて500円くらいで売られている時代ですが、そ、それでも3回洗って捨てるなんて・・・

ショッキングでした。モノが全然捨てられず仕事場にも自宅にもガラクタばかりが溜まっていくワタクシにしてみれば、そのあまりの潔さはモッタイナイなんて概念をふっ飛ばして、ある種の神々しさすら感じさせるのです。

あまりのショックに茫然自失のワタクシ。そんなワタクシが着ているのは、おそらく5千回くらいは洗って、この先1万回くらいは洗うであろうクッタクタのシャツなわけです・・・

@管理人

2012年1月20日 (金)

バクアプ

課長のパソコンが壊れつつあります。「つつある」というのは、まだ完全には逝ってしまわれていないが、どうやら長くはなさそうだということです。

もはやパソコンが仕事の上で必須アイテムであるのは弊社でも類に漏れず、課長以上には社用パソコンが支給されております。導入されてから3年ほどが経ちますが、やはりその間に何件かの故障は起こりました。小さな故障ならまだ良いのですが、電源が入らないなどの本格的な故障のときなどは、大々的な修理や場合によっては新機器との交換が必要なこともありました。

当然、修理や新機器購入には費用が発生しますので、それはそれで痛手ではあります。しかし「形あるものは壊れる」のですから、ある程度は必要経費と考えるべきでしょう。

一方で、より深刻な問題になるのが壊れてしまったパソコンに蓄積されていたデータの損失による被害です。ついつい小まめなバックアップ作業を怠ってしまうと、それはそれは本当に大変なことになります。パソコンを有効活用していればしているほど、データの損失は甚大な被害を及ぼします。そういうシーンをワタクシは何度も目にしてきました。幸いにもワタクシ自身のパソコンが壊れたことはありませんが(女性を扱うようにパソコンも扱いなさいと師匠に教わりましたので笑)、いつ我が身に降りかかるやもしれません。

ですから、ワタクシは月1回~2回のバックアップは欠かしません。このパソコンの中身がパァになるなんて、想像しただけで気が狂いそうですから。

@管理人

2012年1月17日 (火)

漢字の感じ

株式会社秀静の組織体系は二つの営業部から構成されております。店舗の所在地を反映して「京都営業部」「滋賀営業部」となっており、その各営業部がさらに二つの営業課「京都一課・二課」「滋賀一課・二課」へと分けられております。そしてその各課のもとに各店舗が分散配置されているわけです。

当然、各店舗には「テンチョウ」がおり、各課には「カチョウ」が、各部には「ブチョウ」が存在します。

どうしてこんなことを書いているかと申しますと、別に組織体系を紹介したいというわけではなく、弊社は実に「和テイスト」な会社であるということをお知らせしたかったというだけでございます。

他のローソンオーナー様の組織・会社の方々とお話しする機会も多くあるのですが、部署名や役職名を命名するのに、例えば営業部や営業課をディストリクトとかエリアと名付けているところや、部長や課長をコンサルとかマネジャーと名付けているところなど、とてもバラエティにとんでいます。全体としては、いわゆる「ヨコモジ」でスマートなものが多い印象があります。

その点、弊社は社名からして直球の漢字。会議のことをミーティングと呼ぶこともなく、進行表のことをアジェンダと呼ぶこともありません。アポは約束だし、フォーマットはひな形だし、コンプラは法令遵守だし、サッカーは蹴球と言うことにしております。

ヨコモジが氾濫し、TPPにIMF、MBAにCIA・・・とアルファベット三文字ばかりが目立つ昨今にあっては、弊社のスタンスはいささか野暮ったく感じるかもしれません。ま、実際野暮ったいわけですが(笑)、ワタクシはこの「一課長・二課長」(刑事か!)という響きであったり、また設立時の思いがしっかりとしみ込み、にじみ出ている「秀静」という漢字の社名に親しみと誇りを持っております。

我々の業界、新しいものに柔軟に対応できない頑固親父では致命傷になりかねませんが、それでも時々はこの表意文字の合理性と、読みの響きの美しさにウットリするのも悪くはないと思っております。

@管理人

2012年1月15日 (日)

24分の1

1月も半分が過ぎました。一年を24時間(一日)で例えるなら、早くも1時間が経過したことになります。

あまりの速さにいささか呆然としております。

そんなワタクシなどにはお構いなしに、時間というやつは勝手にどんどん進んでいきます。

恐ろしいものです。

@管理人

2012年1月12日 (木)

向上と強化

今週は課別店長会議の週です。毎月第2週に開催される店長会議ですが、弊社では14店舗が3つの課に分かれていますので、水木金にそれぞれの課で会議が行われます。

今回は新年に入って最初の会議ということで、2012年あるいは次年度の大方針についてアナウンスがありました。

『店舗レベルの向上』、こう言葉にしてしまうと方針としてはザックリしすぎる感はありますが、その店舗レベルが指すのは品揃えでありサービスであり清掃のレベルであります。もう一度基本に帰って、この3つのレベルの向上を目指す。それが我々の2012年の大方針になります。そしてそれが間違いなくお客様の満足につながると信じております。

@管理人

2012年1月 6日 (金)

秀静新聞2012新春版

『秀静新聞2012新春版』を発行いたしました。
Shuseisinbun2012sinshun
@管理人

2012年1月 4日 (水)

えほうまき

現在のコンビニ経営には、おにぎりやお弁当などの通常の商品販売と並んで非常に大切な取り組みがあります。

それは季節ごとの催しにおける予約商材の獲得販売です。母(父)の日のギフトから始まり、土用の丑のうなぎ、お中元、さらに年末にかけてはクリスマスケーキ・お歳暮・おせちと続きます。そして、年度の最後を飾るのが『節分の恵方巻』でございます。

お正月も明けると、いよいよ目標達成に向けて恵方巻予約獲得の戦いが本番に入ります。通常の商品を販売するのとは違い、やはり催事商材の予約獲得というのは大変困難な仕事であります。ただ待っているだけでは結果は絶対に出ません。お客様へのアプローチはもちろんのこと、何よりも店舗の戦力であるクルーさん(ローソンではアルバイト・パートの方をクルーと呼びます)の力をいかに引き出せるかという店長・社員のマネジメントパワーが重要になります。

絶対に苦労します。そう簡単に獲得できるものではありません。たった一つの商品を売るのがこんなに大変なことなのかと思い知らされます。しかし挫けずストイックに高い目標に向かって挑んでいくことは、仕事のなかでは間違いなく重要な糧になります。

本年度最後を飾る予約商材の恵方巻、社として高い目標が掲げられました。あとは進むのみです。

Now Walk to The Future!

本年度目標↓
Blogmaru_3

@管理人

2012年1月 3日 (火)

2012

おめでとうございます。

お正月はいかがお過ごしでしょうか。羽目を外しすぎて体調を崩さないようお気をつけくださいませ。

私ども秀静(ローソン店舗)は当然年末年始も小休止することなく営業を続けております。そういう意味ではお正月休みというものはございませんが、それでもやはり社としてお正月らしい行事は行います。毎年恒例の「二日の新年会」です。社長邸を開放して社員やその家族を迎え入れては、まさに一日中飲んで食べて話して過ごす大新年会です。

今年も30名ほどが順次入れ替わりながら、朝から晩まで大騒ぎしておりました。社長を中心に繰り広げられるその様子は、一見無秩序なように見えながらもその話の内容や話している人間が流動的にローテーションされ、ある種の美しさを感じさせるほどのバランスを保っていたりします。言ってみれば動的平衡というやつかもしれません。

さすがに話している内容のレベルとなると、お酒の席特有の何てことはない話題が大半を占めているわけですが、それでも時折どこからともなくキラリと核心をつくような発言があったりして、組織としてこういうシーン(機会)を設けることも大切なんだなぁと再認識したりします。(ただ酒が好きなだけではありません笑)

社員全員で集まるというのが年間通してそれほど叶わないなかで、お正月のこのひとときはこれからも大事にしたいと思います。

どうぞ皆様、本年もよろしくお願いいたしますm(__)m

P1010547

@管理人

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »